美容と健康のプロがお役立ち情報をお届け

美健コンシェルジュ

仕事・転職 ポメラ

「書く」ための電子メモ!ポメラDM100を使ってみた

更新日:

ポメラDM100
「書く」ことに特化した電子メモ、ポメラDM100をレビュー

サイト管理人のつるばたです。
私は副業でブログをいくつか運営しています。いわゆるブロガーのはしくれです(笑)。

ブロガーのメインの仕事は「書く」こと。
どんどん記事を書いて、どんどんブログにアップしていかなければなりません。

本業と合わせて、一日中馬車馬のように働いている状態。

書かなきゃならないけど、時間がない・・・

やはり悩みは時間が足りないこと。

往復4時間の通勤時間。フルタイムで仕事をこなし、家に帰れば奥さんの小言の一つも聞いてあげなければなりません。
もう、とにかく時間がない! 時間、時間、時間・・・

「なんとかスキマ時間に記事を書く道具がないものか」と探していたところ、やっと求めていたものに出会いました。

それが、ポメラDM100 です。

「文章を書くこと」に特化した孤高の存在 それがポメラDM100

キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラックはまさに「文章を書く」ためだけにあるガジェットと言っても過言ではありません。

実際に使ってみてと実感しました。
文章を書くのに無駄な機能がいっさい削ぎ落とされています。

simple is best を地でいくようなガジェットです。

スポンサーリンク

アドセンス

ポメラDM100の使い方

シンプルすぎる! ポメラの使い方。

開く

IMG_1721
ノートパソコンと同じように、パカっと開きます。
※ポメラDM100を開くときは、背面ヒンジ部に指を挟みやすいのでご注意

2秒で起動

IMG_1716
起動がむちゃくちゃ早いです。
パスワードを設定すれば、ここで4桁の暗証番号を入力。

文章を書く

IMG_1723
起動して3秒後には、サクサク文章が書けます。
パソコンのように「立ち上がりが重い」ということはまったくありません。

本体のメモリかSDカードに保存

IMG_1725
データは本体メモリかSDカードに保存します。
「Menu」→「ファイル」で保存してもいいですし、
「Ctrl」+「S」のショートカットキーで上書き保存もできます。
急に作業を中断してポメラを閉じても、データは消えません。

もうね、これだけなんです。

テキスト入力のために極限までスリム化されたガジェット。潔い。
シンプルすぎて気持ちいいくらいw

パソコンでもいいけれど・・・

「ノートパソコンがあるじゃないか」という人が多数ですよね。
私はポメラに出会うまでは、パソコンを持ち歩いていました。
出勤前の早朝や帰宅前のわずかな時間を惜しんで、カフェに飛び込んでブログ書いてました。

でも、パソコンって重いんです。どんなに軽いノートパソコンでも1kg前後の重量ですし、軽ければ軽いほど値段が高くなります。

軽くて高性能なパソコンは高い・・・

MacBook Air、VAIO、ASUSなど、軽いノートパソコンはあります。

でも、値段が高いんです。安くて5万円くらい。高スペックを求めれば、軽く10万超えますよね。

しかも、私のような平民にとって、10万を超えるパソコンを持ち歩くのはどうしても抵抗があります。衝撃による故障、盗難など心配が耐えません。

ついついネットサーフィン

パソコンの一番の弊害はこれ!
フェイスブック、Twitter、ヤフーニュース・・・ネットの世界は誘惑でいっぱい。記事を書こうと思ってカフェに来たのに、1時間ネットサーフィンして終了という・・・何しにきたんだ?

「書く」ためにポメラDM100がベストな理由

軽くてスリム

ポメラDM100の一番の利点は、薄くて小型で軽量なこと。

横17.00mm 縦15.5mm
IMG_1695
ボックスティッシュと同じくらいの幅

最薄部は11.9mm
IMG_1694

重さは約399g(電池含まず)
IMG_1717
片手で余裕で持てます。

11インチMacBookairで1.08 kgですからね。すごく軽い。

使いやすい

「小さすぎて使いにくいのでは?」
そんなことはありません。
ポメラDM100の画面はシリーズ最大の5.7インチ。

キータッチもソフトで疲れにくいです。多少、タイプ時の音が気になるものの、慣れれば問題なし。

起動が早い

開けたら3秒後に書けますからね。この早さは、忙しいビジネスマンに重宝されると思いますよ。

良いアイデアが浮かぶ時って、電車でゆったりくつろいでいたり、街をぶらぶらあるいていることが多い。そんなとき、パッと鞄から出してメモをとることができます。

お手頃な値段

本体価格は36000円ですが、発売からだんだん値段が下がり、現在ではアマゾンで20000円弱で購入できます。

安くはないですが、一般的なノートパソコンよりはダンゼン安い。お手頃な値段ですね。

書くことに集中できる

ネットもメールもSNSもない環境は、書くことに集中できます。「無駄な機能がない」というのはメリットなんです。

ネットサーフィンはスマホで十分です。

さらに充実の機能が!

ポメラDM100のスバラシイ機能はこれだけじゃない!

バックライト機能

暗いところでも作業ができます。

国語 英和 和英辞書 完備

IMG_1697
画面右のボタンからワンタッチで、国語 英和 和英の辞書を参照することができます。

「ポメラDM100掲載辞典」

明鏡国語辞典MX/ジーニアス英和辞典MX/ジーニアス和英辞典MX

※「MX」シリーズは、大修館書店が書籍版の辞書を元に、モバイル端末用に再編集したものです。

ポメラDM100 スペック

iPhone iPadのキーボードとして使える(Bluetooth)

さらに、ポメラDM100は、iPhone iPadのキーボードとして使えるんです!
Bluetoothでワイヤレスで接続することができます。

画面左のBluetoothキーからワンタッチで接続可能
IMG_1696

iPadを専用スタンドにたててポメラDM100をキーボードにすれば、パソコンみたいに使えます。
IMG_1699

ポメラDM100で作成した文章をそのままメール、Twitter 、Evernote へ

この機能はかなり便利!
ポメラDM100で作成した文章をiPhoneに移して、メール、Twitter 、Evernote できるのです!

ポメラで作成した文章はQRコードに変換することができます。
IMG_1726
それをiPhoneで読みとり、メールやTwitter Evernoteへ送ることができちゃいます。
※QRコードの読み取りは、iPhoneアプリ「ポメラQRコードリーダー」を利用します。
実際にアプリを使って、写真のQRコードを読み取ってみてください。メッセージが出たら成功です。

例えば、長文メールを打たなければならない時、iPhone では打ちづらいですよね。

しかし、ポメラDM100でいっきにテキストを作成して、QRコードに変換。アプリで読み取れば、そのままメールとして投稿できます。

さらに、Evernoteへの投稿も可能。
この機能を使うには、FlashAir(別売)と無線LANネットワーク環境が必要です。

縦書きにも対応

IMG_1713
ポメラDM100は縦書きにもできます。
小説を書く人なんかにはうれしい機能ですね。

ポメラのデメリット

パソコンの機能はない

デメリットといえば、やはりパソコン機能がないことでしょうか。
ポメラDM100は書くことに特化しているので、インターネット、メール、SNSなどはいっさい使えません。これはしかたない。

でも、いまはスマホがありますからね。

バッテリーは?

IMG_1698
ポメラDM100は電池で動きます。
単3形アルカリ乾電池2本でOKです。コンビニでも購入できるので便利ですね。

「使い捨て電池はもったいない」と感じる人は、
繰り返し充電できる電池、エネループ(別売)がオススメです。

ポメラDM100の取扱説明書によると
単3形アルカリ乾電池の実使用動作時間は約30時間
単3形エネループ(標準)は約25時間
※2時間キー入力、2時間待機状態での換算時

ポメラDM100の取扱説明書から

データ保存はどうする?

ファイルは本体のメモリに保存できます(本体メモリ:128MB(システム領域含む))。
ただ、大量のテキストを保存する人は、SDカードを利用したほうがいいです。

ポメラDM100は
2GBまでのSDカード
32GBまでのSDHCカード
に対応しています。

データのやりとりは?

さて、ポメラDM100に作成したデータをパソコンに移す方法はいくつかあります。

専用USBケーブルで接続

IMG_1708
付属の専用USBケーブルでポメラDM100とパソコンを繋ぐことで、データのやり取りができます。

SDカードを使用

もちろん、SDカードでのデータ受け渡しも可能です。

Bluetoothで接続

データの移動においても、Bluetoothを使うことができます。

ポメラDM100とパソコンをBluetoothで接続することで、パソコンからポメラDM100のデータにアクセスすることができます。

 

こんなシーンにポメラDM100がオススメ!

外出時のちょっとした空き時間に

会議の合間に、休み時間に、ちょっとしたアイデアを書きためることができます。

街を歩いていてイメージが浮かんだら、パッとポメラDM100をカバンから取り出して起動。サクッと入力。

近くのカフェに入ってじっくり書くのもいいですね。

移動中でもサクサク入力

良いアイデアって、新幹線や電車内で思い浮かべることが多いんですよ。
1/fゆらぎの効果でしょうか。

取引先に長文メールを書くときも、ポメラとiPhoneの連携で簡単にできてしまいます。

講義・研修会のメモに

講義のメモにポメラを使う大学生もいるそうです。
ブラインドタッチができれば、手書きよりも早いですからね。

会社の研修会でポメラDM100で速記してたら、カッコいいですね!

ポメラDM100は「文書を書くプロ」のためにある

雑誌編集者やジャーナリストが愛用するくらいですからね。「記事を書かなくてはいけない」人にとってすごい力を発揮します。

私もポメラDM100を使い始めて、アウトプットが劇的に増えました。
本業の合間のわずかな時間を上手く使えるようになりました。もっと早く出会っていればよかった・・・

キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック

アドセンス

アドセンス

-仕事・転職, ポメラ

Copyright© 美健コンシェルジュ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.