美容と健康のプロがお役立ち情報をお届け

美健コンシェルジュ

メイク

結婚式に呼ばれたら?パーティーメイクの詳しいやり方

更新日:

パーティーメイク

社会人になってそれなりのお付き合いが必要になってくると、ちょっとしたパーティーやお食事会に呼ばれる機会も出てきますよね。

一番多いのは、結婚式関係。
披露宴から二次会まで合わせるとかなりの数をこなすことになるのでは?

そんな時に、いつもと同じメイクをしてパーティードレスに合わせていったりしていませんか?
かといって美容室でヘアセット+メイクで頼むのはけっこうお金がかかりますよね。
そこで今回は、自分で出来るパーティーメイクのやり方をご紹介します。

ライター:オランジュ

スポンサーリンク

アドセンス

 

フルメイク必須!

パーティーなどのフォーマルな場では、いかにすっぴんの可愛い人でも素肌感丸出しのナチュラルメイクは厳禁!!
TPOをわきまえる、などと言いますが冠婚葬祭はそれの真骨頂。

フルメイクで行くのが礼儀のひとつとなりますので、それなりの仕上がりを目指さなくてはいけません。
ただし、いつもメイクをしている人ならパーティー風に盛るのは簡単なことです。

以下の部分を気にしながら仕上げていきましょう。

ファンデーションの塗り方

ファンデはフル装備でいきましょう。
表面にツヤがあるよりも、さらっとしている方がフォーマル感は高くなります。

1.下地をしっかり使う。

化粧崩れしにくいようにしっかり下地から使いましょう。

2.リキッドファンデーションを付ける。

いつもと同じ位の量でいいので、中心から外への方向に放射状に塗ります。
特に頬にはしっかり塗って。

3.一度しっかりとティッシュオフ。

この工程が一番大事です。
ティッシュを顔に押し当てて、余分な油分をすべて吸い取りましょう。
ファンデが肌に密着してヨレにくくなります。

4.最後のお粉はパウダーファンデーションで仕上げる。

普通はプレストパウダーで充分なのですが、さらにパウダーファンデを重ねます。
量はそんなに多くなくていいですが、リキッドのしっとり感が隠れるまで塗ります。
首との境目が出来るととても変なので、エラの部分まで残ったファンデをすべらせて馴染ませます。

アイメイクのやり方

アイシャドウはドレスと同じ色系統で揃えるとおしゃれです。
ブルーやグリーンを使うならアイラインもネイビーやモスグリーンにするとおしゃれ。
パープル系ならアイラインはボルドーがおすすめ。

ただピンクのドレスの場合だけは、茶色系統で仕上げた方が無難でしょう。
奇抜なカラーのシャドウに自信がない人も、茶色系で安全にいってOK!

  1. まずベージュや白っぽいシャドウをまぶた全体に。下まぶたにも。
  2. 二重の幅ちょっとはみ出す程度にメインの色を。
  3. 目のキワに締め色をオンします。
  4. 目の下、目じり側にも締め色を入れて囲むようにします。
  5. アイラインはリキッドアイライナーの黒でまつ毛を点々と埋めた後、いつもよりちょっと太めに書き込みます(カラーアイライナーの人もまつ毛間だけは黒で埋めるといいですよ)。
  6. マスカラはボリュームとカール力が両方あるようなもので仕上げてください。

リップメイクのやり方

フォーマルな場面ではリップペンシルをしっかり使っていきます。
唇のくすみをしっかり取っておくのもポイント。

  1. 口紅用下地やリップコンシーラーでくすみを取ります。
  2. 使いたい口紅と近い色のリップペンシルで縁取りをします。
  3. 中を口紅で塗りつぶします。リップブラシを使うとより仕上がりがきれいです。

チークのやり方

いつもよりすこし濃い目に入れましょう。
かといってただ量を足すだけだとおてもやんになるのでグラデーションで入れるのがオススメ。

  1. まず普通にチークを塗ります。
  2. チークを塗った部分の中で中心に当たる部分にもう少し重ね付けします。
  3. 最後に最初のチークより薄め(ベージュ寄り)のチークを重ねます。

最初に塗ったチークとファンデの境界線に塗って、グラデーションを作ります。

パール感やラメ感をつけよう

ドレスを着ている場合、メイクにもそれなりの装飾感が欲しいところ。
そんな時おすすめなのがラメやパールの入ったコスメです。
一気にイメージが華やかになりますのでぜひ取り入れましょう。

メイク下地にパールの入ったものを仕込む。

表面はパウダーファンデでさらさらに仕上げますが、下にパール入りの下地を仕込んでおくと、
内側から発光するような健康的なツヤが生まれるのでおすすめ。

目元にはしっかりラメ感を

シャドウ選びではマットなものよりもラメ感のあるものを選びます。
また、白いパールやラメの入ったシャドウを目頭にくの字に入れると瞳がキラキラします。

リップメイクの仕上げにはグロスを

グロスもラメの入ったものを使いましょう。
塗った口紅と同系統の色味のグロスを、唇の中心にだけ入れます。
唇のフチまで塗ると食事がしにくくなる上に、上品さが失われます。

ハイライトで凹凸をつけよう

ハイライトはオフホワイトか真っ白のパール入りのものを選びましょう。
目の下、鼻筋、顎の先に入れるととっても綺麗です。

 つけまつげやデカ目コンタクトも心強い

パーティーの席では色々写真に残る事もありますね。
会場が広いので遠目から人に見られることも多いです。

そんなときに美しく見せるコツは、目元のくっきり度合い。
いつもよりも目のフレームを大きく見せることでドレスにも合う顔立ちになります。

ビギナーは部分まつげで

目じりだけに足すような形のつけまつげは失敗もなく、とても可愛くしあがります。

デカ目コンタクトは自然な色合いのもので

いくら盛るといえど、カラコンはNG。
こっそりと目を大きくみせる目的なので、黒か茶色のフチのものを選びましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
パーティーメイクはいつもよりも少し頑張ってきました!という感じが、おもてなしする側が見た時にとても嬉しく思えるポイントでもあります。

特にお友達の結婚式などでは、しっかりおしゃれに決めていってあげるといいでしょう。
「自分の事を大事に思ってくれているからこそ、力を入れて来てくれたんだ!」と相手はとても感動してくれます。

ささいなことですが、絆がいっそう深まる大事なポイントです。
ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

関連記事

唇の形も変幻自在!裏ワザリップメイク

アドセンス

アドセンス

-メイク

Copyright© 美健コンシェルジュ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.