美健コンシェルジュ

美容と健康のプロがお役立ち情報をお届け

一重や奥二重さんのためのアイメイク方法

   

一重のメイク

あなたはアイメイクの方法、自分に合った方法を知っていますか?

特に一重や奥二重の目の方は、雑誌で二重の目にメイクしているものをそのまま真似ても、同じように仕上がらないと思っている場合も多いのではないでしょうか?

今回は一重や奥二重の方に似合う、目がパッチリして見えるメイクをご紹介します。

ライター:オランジュ

スポンサーリンク

重要なのはアイライン

アイメイクの主役といえば「アイシャドウ」と思われがちですが、一重や奥二重の方の場合は主役は「アイライナー」だと考えましょう。

一重や奥二重の目の構造は、二重のように折り返しがないため、まつげ付近に瞼の肉が付きやすい構造です。なので、目の輪郭が少しぼやけがちです。二重と同じようにメイクしても再現しにくいのはそのため。

そこで登場するのがアイライナー。これを目を開けた時にちゃんと2~3ミリ見えるような状態まで太く入れます。
その後、さらに上側にお好きなアイシャドウを重ねることでパッチリした印象になります。

しっかりと、太く、目尻は跳ね上げる

さらにアイライナー使いのポイントを説明しましょう。アイライナーは幅広く引きます。なのでラインを塗りつぶしやすいようにジェルアイライナーを使っていきます。

大げさになるのが嫌な方は、ブラウン系がおすすめ。良く伸びて書きやすく、自然な仕上がりです。

書き方ですが、目を開けた時に2~3ミリ見える位を目指します。目を閉じた時見るとびっくりする位の幅になりますが、怖気づかず思い切って書きましょう。太さは目頭からしっかり入れて太めに。その太さを保ちながら目じりまで伸ばしていきます。

最後に目じりまで来たら、すこし斜め上の角度に跳ね上げましょう。跳ね上げた部分は三角形になるように最後は徐々に細くしていきます。目頭側も目じり側も、本当の幅よりもやや長めに書くのがコツ。

下まぶたにもしっかり引き、囲み目状に

一重や奥二重の方におすすめなのは、下瞼にもアイラインを入れて囲んだようにするメイクです。
特に目尻をメインに入れるのがおすすめ。女性らしいタレ目の印象になります。

二重のように見せるテクニック

遠目からみたら、二重かと思った!周りにそう言わせるようなアイメイク方法をマスターしてみましょう。

実際に二重に見えるように線を作る

一重や奥二重の方にも人工的に二重ラインを作ってしまおうというメイクです。

まずこげ茶のアイライナーとブラウンのアイシャドウを用意しましょう。このメイクではグラデーションを作る必要はありません。いかに二重ラインがあるように見せるかがポイントなので、アイラインとアイシャドウの境目ははっきり分けます。

ライン側が濃いブラウン、シャドウ側が薄いブラウンで2層に作っていきましょう。

二重っぽくみえるアイメイクやり方

1.アイラインを目を開けた時に2~3ミリ見えるくらいまで入れます。

この時、目を開けて見えるラインが二重の線に見えるように、幅を一定にして書いていきます。ラインが書けたら、まつげのキワからそのラインまでをしっかりと塗りつぶしてください。二重の人の目は、この部分に陰影がついてトーンが暗くなっていますのでそれを真似て強めのブラウンを使います。

2.つぎに2層目のアイシャドウです。

アイラインの境目からさらに5ミリぐらいの幅を目指して塗っていきましょう。アイシャドウはぼかしてOK。この時、パール感やラメ感がぎっしりのものよりは、やや控えめなものの方がおすすめ。あまり光を使いすぎないほうが腫れぼったく見えないので、試してみて下さい。

3.最後にホットビューラーでまつげをしっかりと上げます。

二重や奥二重の人はまぶたの肉にまつげが押されがちなので、まつげを直角に上げて最大限長く見せるようにします。

ホットビューラーなど効果の持続しやすいもので、根元から垂直に上げます。この後、角度をキープできるようにカールタイプのマスカラを塗りましょう。

一重や奥二重だからこそ似合う色にチャレンジ

色々なカラーライナーに挑戦してみましょう。書き方はブラウンの時と変わりません。

モスグリーンはイチオシ

グリーン系は日本人にとてもよく合う色味です。中でもモスグリーンは一重や奥二重に使うとおしゃれでおすすめ。カーキではなく、フォレストグリーンのような、絵の具に入っているような緑のカラーライナーを選んで使いましょう。アイシャドウは上側にふんわりとミントグリーンを。可愛さと落ち着いた感じのいいとこどりができる組み合わせです。

青系は二重の人より使いやすい

二重の人が青を使うとケバケバしくなりがちで結構難しいものですが、一重や奥二重の人が使うとバランスよく知的な印象になります。

濃い青のカラーライナーでアイラインを書き、上に薄い水色のアイシャドウを入れます。目の下、目じり側にもラインを入れる事ですっきりとした大人の仕上がりになります。

濃いめのグレイッシュブラウンもかっこいい

最後に、ライダースなどパンチのある服装に映えるとっておきの色をご紹介。
グレイッシュブラウンです。この場合はアイライナーを黒、アイシャドウを濃いグレーとブラウンの中間色で用意してください。この場合はラメが入っていてOK。色が濃いので腫れぼったくなりません。

アイラインを黒で書いてから、その上に重ねるようにアイシャドウを入れましょう。目の下も入れるとスモーキーでかっこよく仕上がります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?一重、奥二重ならではのメイク方法ですので、雑誌で真似したいメイクがある場合にはアイライナーとシャドウの太さに注意しながら再現してみてくださいね。

 - 美容, アイメイク