美健コンシェルジュ

美容と健康のプロがお役立ち情報をお届け

年齢は手に出る!自宅でできるハンドケアを学ぼう

      2016/02/08

美しい手

年齢は手に出るというのはご存じですか?
お顔のお手入れは熱心でも、ふと気づいたら手はほったらかしの方もいらっしゃいます。
でも意外と人の目につきやすいのが手元だったりします。

日常生活の中でけっこう頻繁にダメージを受けている手元。
いろいろなケア方法がありますのでご紹介していきます。

スポンサーリンク

日中にできること

外に出るのならUVケア必須

春夏は当たり前かもしれませんが、たとえ冬場であっても日焼け止めを常備しましょう。
いつも外気にさらされている場所、それは顔と手です。

あとは洋服などでガードできますが、顔と手だけは特別なケアが必要。
日焼けを防ぐことで将来のしわやシミを防ぐことが出来ます。

おたすけUVカットアイテムをご紹介

ハンドケアの概念から見てとてもおすすめなUVカットアイテムがあります。
それはUVカット効果のあるハンドクリームです。

最近はドラッグストアなどでもちらほら見かけるようになりました。
普通の日焼け止めでは肌がかさかさしがちですが、これならしっとりと使えますよ。

メンソレータム 薬用ハンドベール 美白UV カットクリーム 70g (医薬部外品)などはSPF22で伸びもよくお手頃です。
プラセンタが入っており、メラニンの生成を抑制する働きもあるそう。
UVカットプラス美白機能も入っているのが嬉しいですね。

よく水を使わなければならない人は蛇口近くに安い乳液を

手洗いを良くする仕事の方や、家事をこなす主婦の方はなにかと手が荒れがち。
そんな場合は手洗いの後すぐに保湿出来るようにシンクまわりに乳液を置きます。

おすすめはビオレのビオレu 家族みんなのうるおいミルク無香料

大容量でお得なので、手洗いの度に気兼ねなく使えます。こまめな保湿が手を美しくします。

他の家族も使えるようになりますし、おすすめです。

車の中にはUVカット手袋常備

運転中も窓ガラスから大量の紫外線を浴びます。
油断せずにUVカット手袋をして運転しましょう。

もう「車に入ったら手袋」と習慣づけることが一番の美肌への近道です。
取りだしやすい場所にしまっておく事がコツ。

寝ている間に出来ること

寝る直前には絶対にハンドクリームを

寝る前には必ずハンドクリームを使いましょう。
お顔と同じで、手もお手入れをしてから眠ることを習慣にしてみて下さい。
枕元に常備しておくか、はみがき後に塗れるように洗面所に置いておくといいですよ。

塗る時のコツは、いちど手を水でぬらしてしっとりさせた後でハンドクリームを塗る事。
馴染み方が全然変わってきます。

しっかり潤うのにべたつかないハンドクリームのご紹介

ハンドクリームをぬった後、ベタベタしてしばらく何もできない。
これってちょっとしたあるあるですよね。

でもこの時間のロスが、意外と不便なんですよね。
そこで効果しっかりで且つベタつかない商品をご紹介します。

まず手作り石鹸で有名なLUSHのハンドクリームを紹介。
「ラッシュジャパン ドリームクリーム」です。
ほのかに甘くほのかにミントな優しい香りと、その保湿効果、使用後のべたつきのなさ。
どれをとってもかなり秀逸な商品です。
ボディ用なので手以外にも使えます。ちょっとお値段高めですが大容量でお得です。
LUSH 公式サイト

Neutrogena(ニュートロジーナ)ノルウェーフォーミュラ ハンドクリーム 56gこちらはドラッグストアでも見つけやすい商品で値段もお手頃。
かなりの乾燥肌でも、しっかりと保湿してくれます。
よけいな香料を使っていないのも高ポイント。こちらも使用後のべたつきのなさが嬉しいです。

キッチンでの家事中にできること

お皿洗い時にはゴム手袋必須!!

食器洗い用の洗剤ほど手のうるおいを持っていくものはありません。
一回素手でお皿を洗うだけで、しばらくは手がキシキシとした肌触りになって治らない位です。
洗剤を手にじかに付けるのは百害あって一利なしと思って下さい。

ゴム手袋はいつも付ける事。
若い頃からこれをしていると、していなかった人とぐんと差がつきます。

おすすめは厚手の商品。
安いものだとすぐ破れて結局経済的ではないので、丈夫なものを長く使いましょう。

調理時の油はねに注意

揚げ物などを作っている時に、一瞬「熱っ!」と思うことがありますよね。
微量の油がはねて手についた時です。

この時は大した温度じゃなかったからか、やけどレベルにはなりませんよね。
でもこういう時にもすぐに冷水に手を当てて、やけどと同じように冷やして下さい。

年をとった後、その油はねした部分がすべてシミになってしまいます。
手袋をつけて揚げ物をするのもひとつの手段ですが、手元が滑りやすくなる場合もあるので作業中は充分注意して下さいね。

お皿を洗いつつハンドケア出来る裏ワザ

とある美容研究家の方がテレビで紹介していた裏ワザです。
お皿洗いタイムをハンドケアの時間に使ってしまおうというアイデア。

まず手にたっぷりハンドクリームを塗って、ハンドケア用の手袋をします。
上からゴム手袋を重ねます。
そして、高温のお湯で食器洗いをするというもの。
こうするとスチーム効果で手に美容成分が良く浸透してツルツル美肌になるんです。
ぜひお試しくださいね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
ほんのひと手間、ちょっとした気遣いで手を美しく保つ事ができるんですね。
手袋というものに慣れて、いろんな場面で使いこなせば手の負担はぐっと減ります。
いつまでも若々しく見られたいあなたは、今日から早速ケアを実行しましょう。

ライター:オランジュ

 - スキンケア