美健コンシェルジュ

美容と健康のプロがお役立ち情報をお届け

脇の脱毛方法、剃るのと抜くのはどちらがいい?

   

脱毛

水着やノースリーブになる事の多い夏。脇のムダ毛の処理が大変になる季節でもありますね。
みなさんはどのように無駄毛処理していますか?

カミソリや毛抜きの方が多いかと思いますが、この処理法にはそれぞれ弱点があります。どんな処理なら一番肌にやさしく、かつ綺麗にできるのでしょうか?今回は理想的な処理方法についてご紹介します。

ライター:オランジュ

スポンサーリンク

剃るのも抜くのも肌にはダメージが大きい

実はカミソリも毛抜きも、肌にかける負担はかなりのもの。これを夏場は定期的に繰り返すので、肌はボロボロになってしまいます。例えばどんな事になってしまうのかご紹介しましょう。

剃る方法のリスク

剃る方法で一番心配なのは、カミソリの刃で皮膚を削り取ってしまうことです。
皮膚の表面には皮膚を保護している組織があるので、それがなくなってしまうと肌のバリア機能が失われてしまいます。
肌の保湿のために必要なセラミドなども根こそぎ奪われてしまってむき出しの状態になるため、処理したあとの肌は乾燥しやすくなります。
これによって人によっては皮膚のかゆみや、ひりひりとした痛みに襲われることがあります。

また、処理時にそのようなトラブルがなかった場合でも、皮膚が傷ついているのは確実なので、剃ることを続けることで皮膚が黒ずんで、色素沈着をおこしたりするのであまり頻繁に剃るのはおすすめできません。

抜く方法のリスク

抜く方法で怖いのは、抜いた後の毛穴の中が大ダメージを負ってしまうことです。無理やり抜いたことで毛穴の中で炎症が起きて、毛包炎やトンネル毛穴などのトラブルになることがあります。

毛包炎とは、毛を抜いたあとの穴にばい菌がはいって炎症をおこした状態。大きなニキビのような状態です。
何度もなると皮膚が固くなり、新しく生えてきた毛が外に出られなくなります。こうなると毛は毛穴のなかで丸まって成長します。これを埋没毛といいます。

埋没毛を毛抜きなどで引っ張り出していると、そのうちその毛穴が隣の毛穴とつながってしまう場合があります。
これをトンネル毛穴といいます。
こうなると二度と治らず、見た目も黒ずみますし、トンネルの中には皮脂や古い角質がたまってにおいの原因にもなります。ですので毛抜きの使用はたしかに綺麗になって効果も長持ちするのですが、毎回抜く方法に頼るのは危険という事になります。

肌に負担をかけない処理アイテムはコレ

キレイに見せたくて処理しているのに、かえって傷つけて脇が汚くなるなんて悲しいですよね。ではどんな処理なら肌にやさしいのでしょうか?おすすめの処理法をご紹介します。

電動カミソリは肌にやさしい

コンビニで売っているようなT字カミソリやI字カミソリは、刃の部分がダイレクトに脇に当たるのでどうしても皮膚を削ってしまいます。
でも削るリスクが少ないカミソリもあるんです。それが電動カミソリ。これは電気店などで平均3,000円前後で購入することができます。

電動カミソリには、刃の部分にカバーのようなものがついています。このカバーのおかげで脇に直接刃が当たらないので剃ったあとにかゆくなったりヒリヒリしたりするケースが少なくなります。
その代わり、すこし肌から離れた部分をカットしていくので元々の毛質が濃い方などは剃り残し部分が気になってしまうかもしれません。どうしてもつるつるにしないと恥ずかしい時だけは普通のカミソリを使用するのも手です。

結論!カミソリと毛抜きの使用は特別な日のみで

カミソリや毛抜きは乱用禁物だとしても、電動カミソリではしっかりつるつるにするのが難しい・・・どの方法をとってもデメリットは多少かかえなくてはいけないんですよね。そこでおすすめしたいのは複数の脱毛法を使い分けるという作戦です。

カミソリや毛抜きを使っていい日はせめて月一回ほどに

カミソリや毛抜きは、海に行くなどどうしても脇をさらさなくてはいけない日だけにしましょう。
月1回位のスパンであれば、皮膚が治癒する時間を与えてあげられるのでトラブルになる機会は減ります。
カミソリか毛抜きかと迷った時は、トンネル毛穴が一番怖いのでカミソリの方を選ぶようにしましょう。

日常生活の中で脇をきれいにキープする位でしたら、電動カミソリでの処理でOK。剃り残しを見られるのがどうしても心配という方は、長袖や七分袖を着てしのいだり、脇専用のファンデーションを塗る方法もありますよ。

処理の前後にプレケア&アフターケアをするだけでも違う

やむなくカミソリを使って処理したとします。こんな時、剃る前や後にちゃんとお手入れをすることで、かゆくなったりヒリヒリしたりするリスクを減らせます。ケアに必要なアイテムをご紹介します。

まず剃る前には蒸しタオルを脇に当て、毛を剃りやすくします。そしてワセリンを塗って皮膚を保護しながら剃ります。
剃った後は保湿ローションを使いましょう。このケアのサンドイッチをすることで、長年の処理で皮膚が黒ずんでしまうことを予防できます。

保湿ローションでおすすめなのが抑毛ローションというもの。1本700円前後で売っています。保湿や美白効果があるだけでなく、次の毛が生えるスピードを遅くしたり、産毛程度の毛なら細くして目立たなくするスグレモノ。皮膚の色素沈着の防止のためにもおすすめです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?普段何気なく続けている処理で、脇がボロボロになっているのがお分かりいただけたかと思います。

面倒ではありますが、刺激の少ない処理方法にチェンジしたり、お肌のケアをすることが、何年も先の脇の美しさにも影響しますのでぜひ工夫して処理してくださいね。

 - 脱毛, 美容